血液型の特徴

血液型別の特徴について

「血液型で人の性格は分からない」「血液型は遺伝子であって特徴はない」と考えている方は多くいらっしゃると思われますが、血液型の占いがここまで流行っている以上、全く関係ないとは言うことができないのではないでしょうか。

 

最近では企業の面接で、血液型を問われることもあるようです。血液型によって採用不採用が決まるというわけではないのですが、それほど重要なことがらであるということは間違いありません。

 

もちろん、血液型の占いを信じないという方がいて良いかもしれませんが、ここでは血液型別の性格の特徴について記載していきたいと思います。

 

A型の人に見られる特徴

日本人で一番多い血液型であるA型の人は、一般的には几帳面で神経質と言われることが多くなっております。

 

また、気配りが上手であったり礼儀正しくて社交的だったりするので、順応性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

周囲の調和を大事にし、周りの人に合わせようと努力をする方が多いため、協調性があるのです。

 

A型の人は好まれるという印象がありますが、好き嫌いがはっきりとしているという特徴もあります。

 

感情を表に出すことが滅多にないものの、心の中では何を考えているのか分からないことが多いのです。

 

B型の人に見られる特徴

B型の人はイメージが悪いと思っている方は多いかもしれませんが、それは自己中心的な部分が見えるからです。

 

お金に無頓着な部分もあるので、周囲の人が愛想をつかして離れてしまうこともあります。

 

しかし、その一方で枠に捉われず自由な考えができるので、他人の意見に左右されるということがありません。

 

発想力が優れているとも言われているので、仕事で成功するという方が多いのです。

 

O型の人に見られる特徴

O型の人は親しみやすく、性格に裏表がないという特徴があります。

 

情が深く仲間意識が強いので、リーダーとしての資質があると言っても良いでしょう。

 

また、間違ったことが嫌いで、真っ直ぐな性格の方が多くなっています。

 

しかし、たまに自分勝手な行動を取ってしまうことがあるので、人間関係のトラブルが起こる可能性があります。

 

良い言い方かどうかは分かりませんが、負けず嫌いであると言えるのではないでしょうか。

 

AB型の人に見られる特徴

AB型の性格で一般的に言われているのが、AとBの二つを持っているということから、二面性があると考えられています。

 

態度がクルクルと変わってしまうこともあるので、自分のことが良く分からなくなる場合もあるのです。

 

しかし、物事を違う視点から見る能力に長けているので、洞察力が鋭いと言えるのではないでしょうか。

 

また、頭の回転が早いという特徴もあります。