血液型検査のタイミング

血液型検査のタイミングについて

「子供の血液型検査はいつ行うものなのか?」「血液型検査にベストなタイミングはあるのか?」という疑問を抱えている親御さんは少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、血液型検査を行うタイミングに関しては最も気になる事項なのではないでしょうか。

 

しかし、一昔前は出産時のタイミングで血液型を調べてくれておりましたが、現在では赤ちゃんの血液型検査をしないケースが多いことが分かりました。

 

どの医療機関でも基本的に新生児の血液型を調べるサービスは実施されておらず、特別な理由がない限りはやってくれない病院が多いのです。

 

「A型」「B型」「O型」「AB型」など、血液型を知らないことが大きなリスクになるのではないかと考える人は数多くいらっしゃいます。

 

その気持ちは大いに分かるものの、手術や輸血が必要になれば事前に必ず血液型検査を行いますし、ABO・Rh以外の血液型不適合もあるので輸血しても大丈夫かどうかの検査(クロスマッチ)も実施されるのです。

 

自分の血液型にしても赤ちゃんの血液型にしても、知っておくことで特にメリットはないため、無理に調べる必要はありません。

 

このように、血液型検査を行わなければならないタイミングは特にないですし、保健所で赤ちゃんに痛い思いをさせて血液を採取するのはかわいそうです。

 

それでも、どうしても赤ちゃんの血液型を知りたいのならば、当サイトでご紹介している「ABO式血液型遺伝子検査キット」をおすすめします。

 

専用の綿棒で口の中を擦るだけの簡単な検査で血液型が分かるので、通販で「ABO式血液型遺伝子検査キット」を購入してみてください。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら

 

 

さて、病気や輸血の際に血液型を必ず調べるため、私たちは普段の生活で血液型を知らなくても普通に生活を送れます。

 

これは子供でも大人でも一緒なので、上記でもご説明したように血液型検査が必要なタイミングは特に存在しないのです。

 

にも関わらず、日本人が血液型を知りたがる理由は、血液型性格診断が流行したのが大きな要因かもしれません。

 

日本とは違って海外では自分の血液型を知る機会がなく、「自分はA型だから神経質」「私はO型だから大雑把」だと占いに一喜一憂しているのは日本人だけなのです。

 

医療機関でも赤ちゃんの血液型検査を行わなくなったことにより、血液型性格判断は廃れる可能性が高いのではないでしょうか。

 

日本人も外国人と同じように、自分の血液型を知らない人が増えるのでこれは当然です。

 

とは言え、ABO式血液型遺伝子検査キットのように簡単に調べる方法はあるので、わざわざ病院へと足を運ぶ必要はありません。