血液型の歴史

血液型の歴史について

血液型の割合でも少し説明したのですが、ABO式血液型は1900年にオーストラリアの病理が学者であるLandsteiner(ランドシュタイナー)が発見致しました。

 

彼は人の血清に他の人の赤血球を混ぜると、固まる場合と固まらない場合があることを見つけたのです。

 

これがA型・O型・B型・AB型といった現在の血液型の基盤となっています。

 

もちろん、血液型の歴史は人類が生まれた時に遡りますが、ABO式血液型という考えが定着したのは、ランドシュタイナー博士とその弟子であるデカステロとストルリのお陰なのです。

 

後の1930年にランドシュタイナー博士はノーベル生理学医学賞を受賞するのですが、この発見によって血液型不都合による輸血事故を一気に減少させました。

 

輸血を発達させるきっかけとなり、現代医学に貢献しているといっても過言ではありません。

 

また、古くから人々は血液に関して深い安心を抱いていました。

 

それは、世界中の民族の創世伝説において血が大切な役割を持っているということや、宗教的な儀式が行われる際に動物の血を飲んだり神に血を捧げるという行為からも見てとれるでしょう。

 

つまり、血液はABO式血液型が発見されるよりも前から人々の関心を得ていたということが分かるのです。

 

血液型は自分の性格を表していたり、輸血の時に必要だったりしますが、決してこれだけではなく、血液型は身体の設計図であり、常に私たちの体内で生きていると考えることができます。

 

それは、血液型は人類の長い変遷によって作り上げてきたものであるからです。

 

つまり、血液型は歴史を語っていると言っても良いのではないでしょうか。

 

大げさかもしれませんが、血液型が非常に長い歴史を持っているということには変わりないのです。

 

確かに自分の血液型を知っているということで得られるものは何もないかもしれませんが、自分の血液型を知らずに一生を終えてしまうのは勿体無いような気がします。

 

このサイトでは、血液型を簡単に調べることができる「ABO式血液型遺伝子検査キット」をご紹介しております。

 

大人になっても自分の血液型が分からないという方はいらっしゃいますので、病院に行くというのが面倒な方や、献血で採血をするのが苦手であるという方は、「ABO式血液型遺伝子検査キット」を利用してみてください。

 

これは採血せずに自分の血液型を知ることができるので、痛みはありませんし非常に安全であると言えるのではないでしょうか。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら