子供の血液型検査のメリットとデメリットを徹底解説

子供の血液型検査のメリットをまとめてみた

子供の血液型検査のメリットをまとめてみた

「自分の子供の血液型を早く知りたい」というママはかなり多いのではないでしょうか。

 

血液型は血液内にある血球の持つ抗原の違いを分類したもので、ABO式血液型が良く知られています。

 

「赤ちゃんが産まれてきたらすぐに血液型はわかるでしょ?」とイメージしている方はいますが、出産後は中々断定できないのが現状ですよ。

 

なぜ産まれてきたばかりの赤ちゃんの血液型がわからないのか、考えられる理由を見ていきましょう。

 

@血液型は表面の抗原や血清の中の抗体を調べるとわかる

A子供は1歳頃までこの数値が安定しにくい

B産まれてからの期間が短いほど抗原の反応が弱い

C血液型が確定しないため、医師から教えてもらえない

 

しかし、1歳を過ぎた赤ちゃんであれば血中の抗原や血清中の抗体の数値が安定してきますので、血液型検査ができるようになります。

 

このページでは、子供の血液型検査を行うメリットについて詳しくまとめてみました。

 

「早く赤ちゃんの血液型を知りたい」と考えているママは、一度目を通しておきましょう。

 

子供と血が繋がっていると安心できる

正直な話、子供の血液型検査のメリットはそこまで大きくありません。

 

血液型を知らなくても生きていくことはできますし、特に日常生活で支障は出ないのです。

 

それでも、子供の血液型検査を行うことで、親御さんは次のようにホっとできます。

 

・子供と血が繋がっている

・本当に自分の子供なんだ

・血液型が違うなんてことはなかった

 

赤ちゃんが産まれてからは何かと精神的なストレスが溜まりますので、安心感を得るのは意外と大事です。

 

病院やクリニックに行けば血液型検査を受けることができますので、子供の血液型を知りたい方は1歳を過ぎた辺りに受診してみてください。

 

子供の血液型検査のデメリットに注意!

上記では、子供の血液型検査のメリットについて説明しました。

 

「え?たったのこれだけ?」とビックリしている方は多いのではないでしょうか。

 

血液型検査のメリットは少ないのが事実で、安心感を得られるのと血液型占いで役立つくらいですね。

 

今度は逆に子供の血液型検査のデメリットを紹介していきますので、本当に必要なのかどうか見極めてみてください。

 

注射器で採血するので子供に痛い思いをさせてしまう

病院やクリニックで実施されている血液型検査は、注射器で採血しないといけないのが大きなデメリットです。

 

生きていくに当たって必要のない検査なのにも関わらず、赤ちゃんに痛い思いをさせてまで血液型を調べなくても良いでしょう。

 

血液型検査では3t〜5t程度の血液を採取しないといけないため、小さな子供にとっては意外と量が多いのです。

 

血液型検査が不要なものと聞き、下記のようにイメージしているママはいませんか?

 

・輸血の時に血液型がわからないと大変なのでは?

・血液型の不適合があると重大な問題が引き起こされるのでは?

・万が一の事故や病気の際に備えておいた方が良いのでは?

 

不安になる気持ちは十分にわかりますが、病院で輸血をする前に必ず血液型の検査をします。

 

危険性のないように、血液型検査で適合した血液を輸血する仕組みです。

 

病院で自己申告の血液型を鵜呑みにすることはありませんので、子供の血液型を知らなくても特に問題はありません。

 

全額自費負担になる

病院で血液型検査を行う場合は、全額自費負担になります。私たちが病気で安い費用で治療を受けられるのは、国民健康保険の3割負担が適用されるからです。

 

しかし、子供の血液型検査は生きるために必要な処置ではありませんので、保険外治療だと定められています。

 

病院によって違いがありますが、数百円から数千円程度の費用を負担しないといけないのが血液型検査のデメリットですね。

 

別の検査のついでに血液型を調べるケースでも、別途で費用が発生しますので注意してください。

 

子供の血液型を知りたい人にはABO式血液型遺伝子検査キットがおすすめ!

どうしても子供の血液型を知りたい人は、病院やクリニックでの検査ではなくABO式血液型遺伝子検査キットをおすすめします。

 

血液型を知る機会がない人は、「これまでに大きな事故や病気をせずに元気に育ってきた」という証拠になりますので、何も恥ずかしいことではありません。

 

それでも、子供の血液型がわからないことで不安になる親御さんはいますので、自宅にいながら簡単に調べられるABO式血液型遺伝子検査キットを使うべきです。

 

今までの採血による血液型検査と違い、ABO式血液型遺伝子検査キットにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

・専用綿棒で口の中をこすり、封筒に入れてポストに投函するだけで結果が送られてくる

・わざわざ病院に足を運んで痛い採血を受けなくても良い

・「同じA型でもAA・AO」「B型でもBB・BO」といった遺伝子型を判定できる

 

血液を採取する必要がありませんので、ABO式血液型遺伝子検査キットは子供に痛い思いをさせずに血液型を調べられます。

 

病院やクリニックに行かなくても良いので、「仕事で忙しいから簡単な方法で血液型を知りたい」と考えている血液型を知らない大人にもピッタリですね。

 

「病院の血液型検査は注射で子供に痛い思いをさせてしまう」という大きなデメリットを解消できるアイテムですので、是非一度ABO式血液型遺伝子検査キットを購入してみてください。