血液型の組み合わせ

血液型の組み合わせについて

このサイトでは何度か説明してきたのですが、血液型はA型・O型・B型・AB型の4種類に分かれており、A型はAAとAOに分かれており、B型はBBとBOに分かれているという特徴があるのです。

 

AO型とは半分がA型で半分がO型であることを指しています。

 

血液型には優性型と劣性型があり、A型が優性でO型が劣性であるので、AO型でもA型と記載されているのです。

 

つまり、A型同士の方が子供を産んだとしても、O型の赤ちゃんが生まれるという可能性は十分にあるのです。

 

もちろん、A型と同じようにB型同士であっても、O型の子供が生まれるという可能性はあります。

 

このように、A型とB型は2種類に分かれているのですが、O型とAB型は1種類だけとなっております。

 

そのため、O型同士の子供の場合は、O型の子供しか生まれることがないというわけです。

 

これらA型・O型・B型・AB型といった血液型が組み合わさり、遺伝子が決定する仕組みとなっているのです。

 

ここでは、それぞれの組み合わせによって、どのような血液型の子供が生まれるのか詳しく見ていきましょう。

 

A型×A型 A型・84% O型・16%
A型×B型 A型・26% B型・23% O型・17% AB型・34%
A型×AB型 A型・50% B型・20% AB型・30%
O型×O型 O型・100%
O型×A型 A型・60% O型・40%
O型×B型 B型・57% O型・43%
O型×AB型 A型・50% B型・50%
B型×B型 B型・81% O型・19%
B型×AB型 A型・22% B型・50% AB型・28%
AB型×AB型 A型・25% B型・25% AB型・50%

 

血液型別の子供の血液型は以上のようになっております。

 

血液型によって人口は変わるので、この確率の偏りによってある血液型が増えてしまうのではないかと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、血液型の割合で説明したように、世代が変わろうが変化しない法則になっているのです。

 

この組み合わせを確認することによって、ある程度生まれてくる赤ちゃんの血液型を予想することができます。

 

考えたくはないかもしれませんが、この組み合わせに載っていない血液型の赤ちゃんが生まれたという場合は、妻か夫のどちらかの血液型が間違っているか、2人の間に生まれた子供ではないことになってしまうのです。

 

子供の正確な血液型を知るためにも、このサイトで紹介している「ABO式血液型遺伝子検査キット」を利用してみましょう。

 

小さな赤ちゃんでも問題なく使用することができます。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら