血液型と寿命

血液型と寿命について

血液型は何のために存在しているのかという疑問に関しては明確な答えが出ていないのですが、血液型が何種類もあるのは、様々な病気から生き残っていくための方法であるという仮説が立てられています。

 

例えば、アジアに住んでいるという方はA型が多いという特徴があるのですが、これはコレラによる人間の淘汰の結果であり、アフリカにO型の方が多いのは、梅毒による淘汰の結果であるという仮説があるのです。

 

また、血液型が寿命とは全く関係ないと言うことはできません。

 

長生きの要因としては個人的な要因と、生活・環境の要因があるのですが、個人的要因の一つである血液型にも一定の傾向が見られています。

 

血液型の割合で説明致しましたが、日本人の血液型の傾向としてはA型:O型:B型:AB型は4:3:2:1となっている特徴があり、その中で百寿者の割合はA型:O型:B型:AB型は34%:29%:29%:8%と調査結果で出ています。

 

これを見ると、B型の人が一番長生きをしやすいということが分かるのではないでしょうか。

 

さらに、B型の人は温和で物静かであるといった特徴があり、人と争うことを嫌うので寿命が延びると言われています。

 

決してB型だからといって確実に長生きができるというわけではありませんが、このような統計となっているということを頭に入れておいても良いのではないでしょうか。

 

B型であると寿命が長くなるからといって、B型の人と結婚をしてB型の子孫を残そうと思うのは少し考えすぎではあると思いますが、完全に間違っているとは言えません。

 

しかし、寿命に関しては個人的な要因よりも、生活・環境的要因の方が大きいと言えます。

 

乱れた食生活を長年に続けて行っていたり、運動を全くしていなかったり、睡眠不足が長年に渡って続いていたりすると、長生きできる確率はどんどん下がってしまいます。

 

また、飲酒や喫煙を過度にしてしまうと、寿命が縮まってしまうのです。

 

このような生活習慣の乱れが一番寿命に関係してくるので、気をつけて生活していかなければならないのではないでしょうか。