血液型検査の方法

血液型検査の方法について

血液型検査の時間・場所で説明致しましたが、血液型検査は内科や小児科といったところで行うことができます。

 

健康な状態で検査をしなければ正確な血液型を調べることができないため、保険証は必要となるかもしれません。

 

ただし、保険が利かないので、全額を自分で負担する必要があります。

 

親の承諾なしで行うことができるので、未成年の方でも自分の血液型を調べることができるでしょう。

 

この血液型検査では、一般的にABO式血液型が行われているのですが、これは人間の血清中にある抗体と赤血球の反応によって区別されます。

 

血液型によって赤血球上の抗原と血清の中の組み合わせは定められています。

 

そして、赤血球上の抗原を調べる表検査と血清の中の抗体を調べる裏検査という方法をとって、血液型を調べるのです。

 

ABO式血液型はメンデルの法則に従って規則的にA・B・Oといった対立遺伝子が遺伝していきます。

 

両親から1つずつの遺伝子を受け取ることが分かっており、全ての人は3種類の遺伝子のうち2つを持っているということになるのです。

 

ABO式血液型の遺伝子型は、A型の場合はAA・AO、B型の場合はBB・BO、O型の場合はOO、AB型の場合はABとなります。

 

このような構成となっているため、両親の血液型がA型であっても、O型の子供が生まれる可能性があるのです。

 

ABO式血液型遺伝子検査キットで自分の血液型を知ろう

病院や診療所、献血などを行って自分の血液型を知るというのが一般的な方法であると言っても良いでしょう。

 

これらの方法は料金が安くすぐに自分の血液型を知ることができるというメリットがあるのですが、必ず採血を行わなければなりません。

 

血を採らなければ自分の血液型を知ることができないのです。

 

しかし、「ABO式血液型遺伝子検査キット」を利用すれば注射やハリを使用しないので、痛みを伴うことがありません。

 

病院よりも少し高値となっているのですが、「ABO式血液型遺伝子検査キット」が人気となっている理由は、口の中を綿棒でこするだけで自分の血液型を把握できるところにあります。

 

専用の封筒に綿棒を入れてポストに投函するだけで、数日後には検査結果報告書が自宅に届けられるのです。

 

どこにも行く必要がなく痛む心配はないので、簡単に自分の血液型を知る方法としては、「ABO式血液型遺伝子検査キット」が一番適しているのではないでしょうか。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら