血液型検査は保険が適用されるの?

血液型検査は保険が適用されるの?

「血液型検査は保険が適用されるのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

原則的にどの病院でも血液型検査をしてもらうことはできますが、保険適用にはなりません。

 

保険が適用されないため、赤ちゃんの血液型検査を行いたいのならば全ての費用を自費で支払わなければならないのです。

 

しかし、「緊急に輸血が必要」「新生児の溶血性疾患」「不適合妊娠」といった問題が生じた場合は、保険が適用されます。

 

特殊なケース以外で血液型検査を行う場合は自由診療となるため、どの病院でも基本的に全ての料金を自費で支払う必要性があるのです。

 

とは言え、保険が適用されないとは言っても、その費用は数千円程度とそこまで高くありませんし、採血の手数料が加わったとしても1万円を超えることは絶対にないでしょう。

 

「自費で血液検査を行って欲しい」と医師に告げれば了承してくれますし、1歳を過ぎた赤ちゃんであれば特に問題はないはずです。

 

1歳未満の乳幼児の場合、血液型検査は何歳からできるの?というページで説明致しましたが、オモテ試験の結果のみの条件となっております。

 

ウラ試験の結果は反映されず、正確に判明しない可能性もあるため、血液型検査は1歳を過ぎてからがベストだと考えられているのです。

 

どちらにしても、医学的に血液型を知ることに意味はありませんし、赤ちゃんに不必要に痛い思いをさせるのはできる限り避けた方が良いかもしれません。

 

そのため、自主的に血液型検査を行うのではなく、食物アレルギーなど何か別の検査のついでに血液型もお願いするのが適しております。

 

「輸血の時に血液型を調べないとマズいのではないか?」と考えている方はいらっしゃるものの、その場できちんと調べてくれるので血液型を調べないデメリットは特にないのです。

 

それでも、「どうしても赤ちゃんの血液型を調べたい」という親御さんには、当サイトでご紹介している「ABO式血液型遺伝子検査キット」をおすすめします。

 

保険適用ではないので自費で支払わなければならないものの、「ABO式血液型遺伝子検査キット」を使用すれば注射や針による痛みなく血液型を調べられるのです。

 

専用の綿棒で口の中を擦るだけですし、幼い赤ちゃんにとっても安全性の高い方法なので、インターネット通販でABO式血液型遺伝子検査キットを購入してみてください。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら