血液型の変化

血液型の変化について

「昔と今で血液型が変わったけど、変化することってあるの?」と疑問に思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、血液型は両親から血液型の遺伝子を一つずつもらってきているので、原則的には一生変化しないのです。

 

しかし、今まで自分が覚えていた血液型が、改めて調べてみると異なっているというケースは考えられます。

 

その原因の一つとして、産まれたばかりの赤ちゃんの血液型を調べる際には、表検査しか行われません。

 

血液型を特定するのに重要であると言われているのは、裏検査の方なのですが、乳幼児の場合は血液が安定していないという理由から裏検査が行われず、間違って判定されてしまうことがあるのです。

 

また、産まれたばかりの赤ちゃんは十分に血液型が現れていないことがあり、反応が弱いために血液型が正しく判定されないのです。

 

もう一つの原因は、ABO血液型には亜型と呼ばれている変異型があり、そのような方はA型やB型の因子を持っているのにも関わらず一般的に行われている血液検査では反応せず、間違ってO型と判定されてしまいます。

 

さらに、O型の人は全ての血液型の方に血を入れることができます。

 

もし、O型の方がA型の方に輸血をした場合、体内に残っている血の量よりも輸血量の方が多かった時は、O型に変化してしまうという事態が起こる可能性があるのです。

 

このように特殊な理由によって血液型が変わってしまう場合はあるのですが、原則的には生まれた時からずっと変化することはありません。

 

もし、知らされていた血液型と違ったという場合は、乳幼児に知らされていた血液型の可能性が一番考えられるのではないでしょうか。

 

このように、今知らされている血液型が本当の血液型であるとは限りません。

 

そのため、正確な自分の血液型を知りたいという場合には、「ABO式血液型遺伝子検査キット」を利用してみてください。

 

病院や保健所に行く煩わしさはなく、採血をする際の注射による痛みもありません。

 

安全に正確な方法で自分の血液型を知るには、「ABO式血液型遺伝子検査キット」が最適であると言えます。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら