赤ちゃんの血液型検査

赤ちゃんの血液型検査について

赤ちゃん

赤ちゃんを産んだ場合、病院でかかとの血を摂取して血液検査をすることで、血液型を教えてもらうことができます。

 

しかし、最近では出産時に血液型を調べる病院は少ないと言えます。

 

それは、臍帯血で調べたとしても赤ちゃんと母親の血が混ざってしまっている可能性がありますし、新生児や1歳未満の乳幼児におけるABO血液型の検査は、表検査しか行われないためです。

 

正確に血液型を調べるには、表検査と裏検査の両方を行って、それが一致することで自分の血液型が判明します。

 

1歳未満では信頼性に乏しいと言われているため、血液型検査を行わない病院が増えているのです。

 

それに、小児科で赤ちゃんの血液型を調べようと思っても、特別な理由がないという限りは行ってくれないという病院もあります。

 

また、赤ちゃんの血液型を知りたいという理由のために、血液を摂取して痛い思いをさせてしまうのは、可哀想なのではないでしょうか。

 

実際のところ、血液型を知ったところで何か役に立つことはないのです。

 

つまり、赤ちゃんに痛い思いをさせてまで、注射をすることに意味はないのです。

 

赤ちゃんの血管は見えにくいので何度も針を刺さなければなりませんし、泣いて暴れてしまう赤ちゃんもいるため、看護師数人で抑えなければなりません。

 

このように、赤ちゃんの血液採取は手間がかかってしまいますし、とても可哀想ですので、興味本位で血液型を知るために病院や小児科で血を採るのは止めた方が良いでしょう。

 

しかし、それでも自分の赤ちゃんの血液型を知りたいという親御さんがいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、「ABO式血液型遺伝子検査キット」を利用してみてください。

 

これは、血液を採取するのではなく、口の中を綿棒でこすって血液型を調べるという方法ですので、全く痛みはありません。

 

まさに赤ちゃんの血液型を調べるためにある方法であると言っても良いのではないでしょうか。

 

「ABO式血液型遺伝子検査キット」であれば自宅で簡単に行うことができるので、いちいち病院に行くという必要はありません。

 

それに、ABO式血液型だけではなく、遺伝子型も特定できるので、かなり高精度な検査なのです。

 

それでも、病院で検査をした方が安心するという親御さんがいらっしゃるかもしれません。

 

そのような方は、アレルギーの検査を行う際に、一緒に行ってしまった方が良いです。

 

そうすれば血液を採取するのは1回で済みますから、赤ちゃんも何度も痛い思いをせずに済むでしょう。

 

 

>>> ABO式血液型遺伝子検査キットの詳細はこちら